YZ-LABOができるまで

ゆずりょーです。

YZ-LABOを開設してから早1か月近く経とうとしていますが、YZ-LABOができるまでの記録をこの記事にまとめてみようかな~と。

1. テストサーバーを作成

Discordサーバーを作成し、YZ-LABO本番環境の原型を作ります。

これは主にロールの作成やチャンネルのテンプレートの作成をして、ロールの権限設定が正しいかを確認します。

2. BOT(YZ-LABOT)の作成

テストサーバーを作成したら、ロールの自動付与といった管理支援BOTの作成を行います。

サードパーティのBOTを用いればこのような管理支援機能はいくらでもできますが、
独自性に欠けてしまったり、Pythonを使い慣れていることから、ライブラリを用いて1から作成することにしました。

スクリプトが完成したらDiscordのデベロッパーコンソールにてBOTアカウントを作成し、YZ-LABOのテストサーバーに参加させます。

設定項目を設定し、本番さながらの動作チェックを行います。

3. オブザーバーアカウントでの動作確認

オブザーバーアカウント(一般のDiscordアカウント)を作成して、一般ユーザーの動作具合を確認します。

ロール設定が見込んだ動作でなかった場合はロール設定を見直し、見込んだ通りの権限設定にします。

 

主に2~3のステップを繰り返し、実戦投入しても問題ないと判断したらサーバーテンプレートを作成し、
そのテンプレートから本番環境のサーバーを作成し、YZ-LABOTの本番用BOTアカウントを作成します。

これがYZ-LABOができるまでのステップです。

 

YZ-LABOは誰でも入れるパブリックサーバーですので、お気軽にご参加くださいませ。いつでもお待ちしております。

参加はこちらから。→ https://yz-labo.yuzulia.com/

Share:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。